リフォーム時には粗品を用意

リフォームの時に、近所の方などに粗品を持って挨拶回りに行くことが大切です。いくら小さなリフォームで、近所にご迷惑をかけないと思っていても、やはり挨拶回りはしておいたほうが良いです。その後の円滑なお付き合いをしていきたいのであれば必須です。 例えば室内のリフォームでも、作業員が1人以上は来るでしょう。そうなるとその作業員の車の出入りがあります。また、室内のリフォームであっても、工事中の音が漏れるかもしれません。 また夏であれば、窓を開けていれば接着剤のような匂いを漂わせてしまうかもしれません。 それではかなり不快な思いをさせてしまうことになります。リフォームをすることを聞いていないでいきなり接着剤の匂いが漂ってくると、びっくりしてしまうかもしれません。 また、2人以上の作業員が来るのであれば、その作業員の車が2台以上自分の家の住宅のそばに横付けすることになり、近所の方には少々邪魔になってしまうかもしれません。 さらに、室内のちょっとしたところを直すだけといは言っても、作業は庭や玄関前での作業もあるかもしれません。 ですから、ごくごく簡単なタオルのような粗品を用意して、挨拶することを忘れないようにしましょう。持ち家であれば、その後も長くずっと付き合っていくことになるのでしょうから、ちょっとしたことで近所の方に嫌な思いをさせないように気をつけるべきでしょう。粗品は高価すぎない物のほうがよろしいでしょう。

リフォームを知る情報

新着情報

↑PAGE TOP